HOME | 社会福祉法人しらゆり会 | 令和3年度 基本方針

令和3年度基本方針

令和3年度から令和5年度までの中期的経営計画

・今後発生が予想されている様々な新規感染症に対する適切な対応を行える組織作りを行う。
・介護人材の確保が困難な状況を解決すべく優良な雇用環境の構築、更には外国人介護職の採用も考慮した幅広
い人材確保を行い安定した法人運営を行う。
 

令和3年度 基本方針

1)社会福祉法人として
地域の老人福祉の担い手として責任を自覚することにより高品質な介護サービスの提供を行う。
2)施設として
新型コロナウイルス感染症の施設内での蔓延を防ぐべく様々な予防対策を正確かつ迅速に実行する。
またその為に必要な情報収集や周知徹底を確実に行う。
3)在宅として
在宅での利用者の中には新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言等により外部との交流の機会が失われた結果、孤立感を強めているケースが見受けられる。そのような利用者の心身の安定を図る為にきめ細かい介護サービスの提供を行う。
 
これらの基本方針に沿って、各部所・事業所毎にそれぞれの重点目標を定める。
 
(ア)事務所
 新型コロナウイルス感染症の影響で、様々な行事が中止になったり面会が制限されたりしており、今後も新型コロナウイルス感染症の感染状況に応じて適切な判断と対応をしていかなければいけない。そして、このような状況の中でも利用者やご家族に安心して頂くために、「今まで以上に利用者やご家族の気持ちに寄り添い共感しながら、感謝の気持ちをを込めて笑顔で対応する」「事務所職員全員が同じ方向に向かう」「事務所内で意見を出し合える環境を作る」「利用者の生活状況をできる限り把握する」これらのことを令和3年度の重点目標として揚げ、事務所職員が相互に助け合い連携しながら取り組んでいく。
 
(イ)広域型特養
 利用者の方が安心して穏やかに生活される様、個々の状態を把握し、言葉遣いに気をつけ「ゆっくり・やさしく・確実に」接していく。職員間では、気持ちの良い挨拶をすることで報告・連絡・相談が出来やすい環境を作り情報の共有に努めていく。新型コロナウイルス感染症については、予防と対策を正しく理解し、未然に防ぐと共に蔓延しないように努める。
 
(ウ)地域密着型特養
 日常生活の中で、個々の状況・状態をしっかり把握し、その人らしく生活して頂けるよう関わっていく。 又、情報の共有に努め、細かな事でも情報を提供し職員間で声掛け・コミュニケーションを取り、利用者の方に安心して生活
して頂けるように努める。各部所にも二重・三重になっても「連絡・報告・相談」を行い、連携を図る。新型コロナウイルス感染症については、引き続き勉強会への参加、日常的な予防対策の実施を行なっていき、蔓延予防に努める。
 
(エ)ショートステイ
 利用者の生命を守るために新型コロナウイルス感染症の事業所内での感染を防ぐことを目標とする。また、その為に感染症に対するあらゆる予防策や情報収集を積極的に実行する。
 
(オ) 医務室
 生活の場でありながら医療的なケアが増えている。現状に対し介護・看護でそれぞれの立場から総合的な情報共有すると共に異常を早期発見し早期対応を実践する。感染管理については、抵抗力の弱い高齢者が集団生活をしている場所であり集団発生するリスクが高いので、発生したとしても拡大しないように早期収束するように感染対策を実行する。看取り介護については、ご本人・ご家族の意向に沿いながら、苦痛のない安らかな終末を迎えられるように援助を行う。
 
(カ)栄養士・調理
 新型コロナウイルス感染症禍の中、私たちに出来る感染症予防及び食中毒予防のため、手洗い・うがい・手指消毒を徹底する。業務においては安全に事故無く、そして、入苑者・利用者の日々の変化を見落とす事無いように、他部所との連携を図り、柔軟に対応できるようにしたい。また、皆さんに喜んで頂ける食事作りに繋がる、思いやりのある適温給食を心掛けたい。そのためには、食事を作って提供するだけの慣れ合いの作業ではなく、食を通して健康的な生活が送れるように支援をさせて頂くという精神を持ち、自分自身において基本的な理念を忘れる事無く努める。ノーベル平和賞受賞者、ワンガリ・マータイ氏が感銘された「もったいない」という言葉に秘められる、資源、そして私達は食べ物を大切にすると言う概念を持ち、取り組んでいきたい。更には、挨拶や声掛けを交わしコミュニケーションを図る事により、より良い人間関係を構築したい。
 
(キ)グループホーム
 「ゆっくり・やさしく・確実に」の基本を念頭に置き、ご利用者の方の「人格・個性・思い」を尊重する。日々の体調を把握し、楽しく笑顔で過ごして頂けるよう、余暇活動や季節の行事、寄り添った個別ケアの充実を図っていく。職員においては、グループホームの職員である自覚をしっかり持ち、一人一人がスキルアップ出来るよう研修等で学んだ事を現場で活かしていく。又、情報共有の面では、グループホーム内及び他部所間の「報告・連絡・相談」を確実に行い、情報の漏れがないよう努める。ご家族に関しても、新型コロナウイルス感染症の中、安心して頂ける様、絵手紙やお便りを活用し、日々の暮らしを出来る限り状況報告を行ない、信頼関係を築けるよう努めていく。
 
(ク)居宅介護支援事業所
 4月からの介護報酬改定にあたり、事業所内で勉強会等を開き、制度内容を深く理解し、ご利用者・ご家族へ適切な説明を行ない、理解が得られるようにします。又、今後も多数の方がご利用できるよう、事業所としての評価を上げつつ個々のスキルアップを行ないます。昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響により、地域や医療関係者等や他職種との連携が十分に行えない状況であったが、在宅でのサービスを展開するにあたり、各種関係者との連携は不可欠であり、今後の感染状況も見極めつつICT等の新たなテクノロジーを活用した連携手段も模索し、在宅生活が安心して続けられるよう支援していく。
 
(ケ)デイサービスセンター
 利用者にとってデイサービスが安心して笑顔で過ごせる場となるよう、職員が方向性や意識に統一感をもち、「ゆっくり・優しく・確実に」個々に合ったケアを行っていく。家族・関係機関に於いては「報告・連絡・相談」をしっかりと行い、密に連携を取る事で、より信頼できる事業所となる事を目指して行く。又、新型コロナウイルス感染症予防対策についてはマスクの着用・手指消毒・うがい・室内消毒以外にも、感染状況に応じて対策を講じ安心して利用して頂けるよう努めていく。
 
(コ)訪問看護ステーション
 在宅で生活する利用者・家族の方々は療養生活や介護のストレスに加え新型コロナウイルス感染症のストレスも加わり不安が増加していると思われる。感染防止対策を徹底し、安心・安楽な生活が少しでも長く送れるよう、話を傾聴し、小さなサインも見逃さず異常の早期発見に努める。又、主治医をはじめ関係機関との連携を密にとり最良の支援が提供出来る様努めていく。その為の具体的対策として、日々状態・状況が変化していく中で、さらにチーム間での周知徹底を図る為、口頭だけでなく書面に残していくことと、会議だけではなくタイムリーにミーティングを行いながら、迅速な問題の解決を図っていくことを目標とする。
 
(サ)訪問入浴サービスセンター
 利用者一人ひとりが現在の生活を安心して継続していくために利用者本人、家族の言葉を傾聴して気持ちを汲み取り、又、関係サービスとの連携を密に図り安全、快適な入浴サービスを行う。日々のサービスで怪我など事故のないように気持ちを引き締め、職員間においてもコミュニケーションをしっかりとり安全第一で業務にあたる。又、引き続き新型コロナウイルス感染症を防ぐ為、基本的な感染症対策をとり気持ちよく利用して頂けるように努める。
 
(シ)ホームヘルパー                     
 利用者の住み慣れたご家庭で、自立した日常生活を営むのに必要な支援をする。その為には利用者の心身の状況・環境について情報伝達・研修・技術向上に努め、利用者の立場を思いやり、優しく、丁寧な接し方を心がけ、利用者が安心して満足した生活が送れるよう援助を行う。