HOME | 社会福祉法人しらゆり会 | 令和4年度 基本方針

令和4年度基本方針

令和3年度から令和5年度までの中期的経営計画

・今後発生が予想されている様々な新規感染症に対する適切な対応を行える組織作りを行う。
・介護人材の確保が困難な状況を解決すべく優良な雇用環境の構築、更には外国人介護職の採用も考慮した幅広い人材確保を行い安定した法人運営を行う。
 

令和4年度 基本方針

1)社会福祉法人として
多くの人々から頼りにされる社会福祉法人として在り続けるよう誠実な運営を心掛ける。
2)施設として
今年度も引き続き新型コロナウイルス感染症対策に万全を期すべく衛生管理を徹底する。また、仮に入苑者もしくは職員に感染者が発生した場合を想定した行動計画を作成し周知徹底を行う。
3)在宅として
関係する全ての人々への新型コロナウイルス感染症感染に最大限の注意を払いつつ良質な介護サービスの提供を行っていく。また、様々な状況の変化に迅速に対応し利用者やその家族が安心して生活できるよう関係各所との連携を密に行う。
 
これらの基本方針に沿って、各部所・事業所毎にそれぞれの重点目標を定める。
 
(ア)事務所
 新型コロナウイルス感染症の影響で様々な行事や地域交流が中止になったり面会が制限されたりする状況が続いている。このような状況の中でも利用者の安全を最優先しつつ、利用者のQOLを低下させることなく、家族には安心して頂けるように、新型コロナウイルスの感染状況に合わせながら適切に判断・対応をしていきたい。そして事業目標に向けて自ら行動し取り組むことができるような職場環境を作り、部署内及び他部署との連携を強化していきたい。また、提供するサービスの質の向上と業務の効率化・省略化のために、ICTの活用について考え、取り組んでいきたい。
 
(イ)広域型特養
 利用者の方には、穏やかに生活して頂けるように笑顔を忘れず、やさしい言葉遣いで接していく。又、個々の状態を把握すると共に、情報の共有に努め、安心して過ごして頂けるよう関わりをもっていく。職員間で、しっかりコミュニケーションが取れる雰囲気を作り、報告・連絡・相談がしやすい関係を築く。引き続き、業務の改善を行い、働き易い職場を目指す。今後も新型コロナウイルスなどの感染症や予防について勉強会を実施し、正しく理解し対応をしていく。
 
(ウ)地域密着型特養
 利用者に寄り添いながら日々の生活の中で、小さな変化にも気付き皆で共有して行く。また、楽しみを感じられるようにレクリエーションや個々に合った関わりを通して、利用者の笑顔と共感する気持ちを大切にしながら、安心して生活が送れるように努めて行く。職員においては、部署内・他部署に関わらず相手の意見をしっかりと聞き、同じ方向性を持って何が一番利用者にとって良いか考え連携を図る。その為に「報告・連絡・相談」をしっかりと行い、状況の把握・情報の共有に努める。新型コロナウイルス感染症については、危機感を常に持ち日常的な予防対策を行っていく。又、発生時に備え対応の周知徹底を行い蔓延防止に努める。
 
(エ)ショートステイ
 各種関係サービス事業所と連携をとり、より良いサービス提供を行い、利用者・家族に安心して利用して頂けるように努める。又、新型コロナウイルス感染症についても予防策を確実に行っていく。
 
(オ) 医務室
 新型コロナウイルス感染症に対しては、ワクチン接種の実施や予防策。また、リモートなどにより情報収集し、それを正しく理解し、早期対応・早期の収拾を図れるよう実施を行い、感染の蔓延予防に努める。入苑者においては、体調の変化や看取り介護への移行に伴う、ご家族の心の機微や、治療や看護に対する意向に寄り添いながら、主治医をはじめとした各関係機関との連携を緊密に取る。具体策としては、入苑者の日々の状態・健康管理や重症化の予測、また感染や転倒などの健康障害の予測について、口頭だけでなく書面などでの情報共有をチーム間で徹底する。入苑者が尊厳を保持しながら、苦痛の無い穏やかな生活を送れるよう、医療業務にあたるようにする。
 
(カ)栄養士・調理
 コロナ禍の中まず、感染症・食中毒予防のため衛生管理を徹底する。そのためには、手洗い・うがい・手指消毒を基本とし、業務に当っては食中毒予防の三原則「菌をつけない・増やさない・やっつける」を厳守し各々が実行する。また、整理整頓を行い仕事の効率と安全を図ると共に、適温給食や見た目に美味しそうと思われる食事作りを心掛ける。そのためには、自分勝手なルールを作らず、業務のルールに則り個々のスキルアップを図りながら業務を遂行する。そして、職員間でコミュニケーションを取り、他部署と連携して入苑者の日々の状態観察を行い、皆さんが安心して生活できるように支援していく。
 
(キ)グループホーム
 ご利用者の方と職員の時間を大切にし、お互いに信頼できる関係を構築する。個々の残存機能を考え、その方の出来る事を生かしながら生き生きとした生活が送れるよう支援していく。又、「ゆっくり・やさしく・確実に」を念頭に置き、一人ひとりの方の思いを尊重し寄り添い、相手の立場になり考えながら、穏やかで安心のある日々を過ごして頂けるよう支援を行っていく。職員においても、お互いがお互いを認め尊重し合い、誰もが自分の意見を出し、話し合える職場作りに努めると共にスムーズに業務が遂行できるよう「報告・連絡・相談」を怠りなく行い情報の共有化に努める。ご家族の方に関しても、新型コロナウイルス感染症で面会制限がある中、安心して頂ける様、今まで以上に日々の暮らしや、状況報告を密に行い信頼関係を築けるよう努めていく。
 
(ク)居宅介護支援事業所
 各保険者・地域包括支援センターを始め、地区担当民生委員・各関係機関との連携を図り、地域との関係を深め、地域の課題解決に取り組んでいく事で、地域や各関係機関から信頼される事業所として努めていきます。今年度より市の委託で家族介護教室を開催する事により、介護者のみならず、地域の援助者も含めた介護に対する知識・技能習得の場として支援していきます。昨今の新型コロナウイルス感染症や自然災害発生など、万が一の事態が発生した際にも、滞りなく業務継続が出来るよう、他居宅介護支援事業所と一体となった互助システムを構築していく事で、利用者が住み慣れた自宅で心豊かに生活できるよう支援していく。
 
(ケ)デイサービスセンター
 利用者が住み慣れた地域で安心して生活が送れるよう、関係機関と連携を図り包括的なケアを意識してサービス提供を行う。その為に、職員一人一人がデイサービスの役割をしっかりと理解し、利用者が日々を笑顔で過ごせるように個々のニーズに合ったケアを同じ方向性を持って行っていく。新型コロナウイルス感染症については、基本的な予防策を徹底し感染状況を見ながら蔓延防止に努めて行きたい。
 
(コ)訪問看護ステーション
 住み慣れた自宅で安心・安全・安楽に過ごせるよう、利用者・家族に寄り添い個別性を重視した看護を行う。話し易い雰囲気づくりをし話を傾聴、具体的問題点の抽出をし、関係機関と連携をとり良い方法を選択していく。自宅で最期を迎えたいと言う希望がある方には、希望に添えるよう援助していく。コロナ禍であり今一度感染予防を徹底していく。
 
(サ)訪問入浴サービスセンター
 ゆっくり安心して入浴して頂き、利用者の笑顔が増え安らぎの時間が持てるように考えながら入浴サービスを行っていく。その為に日々利用者、家族とのコミュニケーションをしっかりとり、関係機関と連携して状態把握行い、怪我無く体への負担がかからないようにする。引き続き、新型コロナウイルス感染症などに対する基本的な感染症対策を行い、気持ち良く利用して頂くようにする。
 
(シ)ホームヘルパー                     
 利用者のニーズにあったサービスの提供が出来るよう、習慣をできるだけ維持し、自立した生活を送って頂けるよう支援する。利用者の考えを尊重し、可能な限り「自立決定」をして頂けるよう、普段の会話から気持ちを理解して、優しい介護に心掛けていく。家族・関係機関との連携をとり、「連絡・報告・相談」を行い支援に努める。新型コロナウイルス感染症について、感染症対策を行い安心して利用して頂けるよう努める。